2014年07月30日

フレブルの車椅子





今回はフレンチブルドック用銀チャリフレームの紹介をいたします。


まずは測定車に乗ってキッチリサイズを出します。




1-2O6U8495.JPG









そして、前足と後ろ足のふり幅を観察し、

足にぶつからない位置にフレームを持っていきます。




1-IMG_1634-001.JPG






フレブルは肩とお尻の幅がかなり違うため、

フレームを曲げて、肩は広く、お尻は狭くして、

振り幅を近づけて有ります。


1-IMG_1635-001.JPG






後ろ足は動くけど歩けないというフレブルにはこのフレームを採用します。


同じ犬種でも一匹一匹症状が違います。

その子その子に合わせた専用の一台をお作りしています。






そして完成。



1-2O6U8516.JPG







参考ですが、代金は同じ28000円になります。







【フレンチブルドックの最新記事】
ニックネーム 銀父 at 06:05| Comment(1) | TrackBack(0) | フレンチブルドック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Posted by onrbpcyeh at 2016年10月10日 10:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: 絵文字[必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/3669157
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック